Please assign a menu to the primary menu location under menu

browsing category: ハンドメイドレシピ

ロゼットの作り方
ハンドメイドレシピ

フェルトで簡単♡ロゼットを作ってみよう

くるみボタンとフェルトを使ったロゼットのご紹介です。
ロゼットというと、リボンが複雑に折り込まれていて、一見難しく見えるのですが、こちらのロゼットならとても簡単にできますよ。
材料も全て100均で揃います。
お子さんと一緒に作っても楽しいです。

 

使用する材料

・布(くるみボタンを包む布、薄めの生地の方がくるみボタンを包みやすい)

・くるみボタン1セット(今回はダイソーの38mm使用)

・フェルト

・刺繍糸

・コサージュピン

 

使用する道具

・くるみボタン作成キット(ダイソー)

・刺繍針

・糸切りばさみ

・裁断用はさみ

・ボールペン

・定規

・グルーガン(100均、グルースティックが別売りです)

 

作り方

1.くるみボタンを包む布にお好みで刺繍をする

 

2.刺繍の済んだ布をくるみボタンの型紙に合わせてカットする

 

3.作成キットの透明のものの上に刺繍をした布を乗せ(刺繍をした面を下側にして)、くるみボタンを乗せて器具で押し込む

この時に、刺繍をした面を確認しながら、中央にきているか見てくださいね。

 

4.型にはまったら、余分の布を内側に入れ込む

 

5.ボタン金具をのせて再度器具で押し込む

丸型の青い道具が、ボタン金具を押し込む器具です。

くるみボタンの完成

くるみボタンが完成しました♪

 

続いてロゼットに仕上げていきます。

 

6.フェルトをカットする

フェルトを次の部位によって決まったサイズにカットします。

・くるみボタンの周りのフェルト:1センチ×4センチを18本

・垂れリボン部分:1.5センチ×6センチを2本

・くるみボタンのサイズ(円形に)

7.グルーガンで仮止め

1センチ×4センチにカットした18本のフェルトを二つ折りにしてグルーガンで仮止めをしておく。

(糸をひいても、グルーの熱が冷めたら取れるので気にせずに)

 

8.くるみボタンの周りにフェルトをグルーガンで接着

少し重なる様にバランスを見ながら接着しましょう
フェルトにグルーをつけて、上からくるみボタンを置いて接着する方がバランスが取れてやりやすいです。

 

9.垂れリボンを接着

2本の垂れリボンの重なる部分をグルーガンで接着し、ロゼット本体とも接着します。

 

10.裏側を綺麗にして、コサージュピンを接着

丸く切ったフェルトをくるみボタンの裏側に接着し、最後にコサージュピンをグルーガンで接着して完成です。

 

 

とっても簡単にできるフェルトロゼットです。
イニシャルを入れて自分だけのロゼットを作ったり、くるみボタンの部分に刺繍をせずに好きなキャラクターの布を使ってもいいですね。
お子さんの幼稚園バッグなどの目印にして、お友達のバッグと取り違えないための役立つアイテムとしても使えます。
お子さんや自分の好きな色で作ってみてはいかがでしょうか。

Read More