編集部おすすめ記事作家向けお役立ち情報体験レポート

作家1人1人に向き合ってくれる場所「minneのアトリエ」

日本最大級のハンドメイドマーケットminne
現在では、約44万人の作家が生み出した、800万点以上の作品が集まる国内最大級のハンドメイドマーケットとなっています。(2018年5月末現在)

ネット販売をしたい作家様なら、既に利用している方も多いかもしれません。
minneでは、ネット販売するシステムを提供するだけでなく、いかに販売を上手に行っていくかの作家サポートも積極的に行っています。
そのひとつが「minneのアトリエ」。

本日は、そのminneのアトリエに行ってきた、作家のchobiさんに体験レポートを寄稿していただきました。


 

こんにちは。
自身で描いたイラストのオリジナルグッズを制作しているハンドメイド作家のchobiです。

先日、IID世田谷ものづくり学校内の「minneのアトリエ 世田谷」にお邪魔してきました!

ハンドメイド手帖365の読者様は、minneのアトリエがどんな所かご存知かもしれないですね(^^)
もしかしたら実際に「利用してみた!」という方もいらっしゃるかも。

でも一方で、興味はあるけど行った事はないなぁー。
なんて方がほとんどなのではないでしょうか。

私は、minneのアトリエに行ってみて
思い切って悩みを相談してとてもよかった!と思っています♪
アトリエで教えてもらった事や、なぜ利用してよかったのかなどをお伝えしていきたいと思います。

minneのアトリエとは

minneのアトリエとは一言でいうならハンドメイド好きの交流の場。

公式ホームページには
・minneが開催するワークショップや勉強会への参加
・作家さま同士の交流スペース
・オーダーメイド作品のお打ち合わせやお引き渡しなど
・作品の撮影スペース
・minneでの活動に関するご相談窓口
と書いてあります。

情報交換の場として、勉強の場として、
作家さんとお客様の双方が安心して顔合わせできる場所として…
ハンドメイド販売をする上で出てくる沢山の悩みにマルチに対応してくれるスペースです。

希望日時が空いていたらラッキー!予約フォームへ急げ!

minneのアトリエは普通に見学に行くだけであれば、予約は必要ありません。
ハンドメイド大賞の受賞作品やminneの雑誌などが置いてあるので、作る側でなくても見て触って楽しめる空間になっています♪

けれども私は自分のギャラリーが上手くできているのか、何を直すべきなのか等をプロの方に見て貰いたかったので、スタッフさんへの相談や撮影をする人向けの予約フォームを利用しました。
なんとこの時点で2ヶ月近く先まで予約でいっぱい!!
それだけ迷えるハンドメイド作家が溢れているって事ですね(^^;

予約方法はminneのアトリエのホームページを下にスクロールして行くと、「ご予約について」と出てきます。
「カレンダーで日時を確認」で予約の空いている日をチェックして、「予約フォーム」から予定日や事前情報を送ればオッケーです♪

minneのアトリエ公式ホームページはこちら↓
https://minne.com/minne-atelier

フォームから必要事項を送信すると、後日minneのアトリエの担当者さんからメールで返信がきます。
そこで詳しい日程を決めて予約完了です。

この時私は、「こんなに先だと悩みも変わってしまっているかもしれないなぁ」と思って予約を取っていたのですが、さすがは何人もの迷えるハンドメイド作家の相談に応えてきているプロ!
返信を下さった担当の方が
「予約日まで2ヶ月近くあるので、メールで先にお答えできる範囲はご案内いたしますね。」
と言って下さったのにはとても感動しました!

思う様に売れなくて、でも何が間違っているのか分からなくて、まるで駆け込み寺の様にminneのアトリエを予約した…
なんて作家さんもいらっしゃるはず。
というかまさに私(笑)

そんな気持ちに応えてくださって本当に感謝でした。

その後2ヶ月近く写真を撮り直す度にメッセージをし、その度に厳しくも優しいアドバイスを何度も根気よく送って下さいました。

アトリエの担当の方は人数が少ないので返信のペースはゆったりしていますが、私は親身に相談に乗ってもらえてとても助かりました。

さて、メールでの相談と言ってもどんなアドバイスがもらえるのか具体的に知りたい!という方もいらっしゃると思うので、あくまでも私の場合ですが教えていただいた事もご報告していきますね。

メールでもしっかり相談にのってくれる

予約をした当時、私の1番の悩みは
春夏には少ないなりにお客様からの反応はあったのに、
秋冬になり商品がまったく動かなくなってしまった事でした。

ちなみにこちらが私のギャラリーです。
https://minne.com/@chobichobico

そしてこちらが当時私が使用していた商品写真です。

私のギャラリーを見てもらい、最初にいただいたアドバイスは

・色味が春夏向けなので、秋冬の売り上げアップは難しい。

・3月からのオンシーズンに向けてギャラリーを整えていけるといいだろう。(メールでのやりとり開始は1月頃でした。)

・商品よりディスプレイの方が目立ってしまっている。

・写真は自然光で撮るといい。

といった内容でした。

それまでは、当時使っていた写真でもインスタなどの反応はそれなりに良かったので、商品写真として問題はないだろうと思っていました。
しかし、それは大きな勘違いだと知り、この時から私の目下の課題は、「商品写真として魅力的な写真を撮れる様になる事!」になったのでした(笑)

何度か写真を撮影し直し、そのたびに担当者さんに写真を送ってアドバイスをいただきました。
どんな写真に対してどういったアドバイスがもらえたのか、例として私の写真に対してのアドバイスも載せておきます。

1.

アドバイス
・無難で特に大きな問題はない。
・作品が少しボケている様に見える。

2.

アドバイス
・ライトの感じや背景にしている木目の色や雰囲気が、作品のイメージとマッチしない。
・全体的にもう少し明るさがほしい。

3.

アドバイス
・全体的に暗く感じる。
・背景をチャコールグレーやネイビーなどの濃い色にしてみたらどうか。

この後チャコールグレーの背景にして撮影してみたのですが、私の表現したい世界観とは違う気がして担当者さんに送る事はしません
でした。

↓チャコールグレーの背景で撮影した物。

私は家族の仕事の都合で、夜行性の生活をしている為なかなか自然光での撮影ができずカメラ用のライトを使って撮影していました。
その事もあり、実はこの頃は撮影が上手くいかなくてどんどんスランプにハマってしまいました。
(minneのアトリエの皆さん、こんなカミングアウトごめんなさい(^◇^;))

そんな気持ちを抱え、アトリエに行く日を迎えました。

※minneの推奨の撮影方法はこちらのブログに書かれてます。

http://blog.minne.com/?eid=432

写真が上手く撮れなくて悩んでいる方は、まずはこの撮影方法をぜひ試してみてくださいね♪

いざ予約当日!minneのアトリエで教わった事

アトリエは世田谷と神戸と福岡にあるのですが、私は世田谷にお邪魔しました。

道に迷いながらも辿りついたminneのアトリエ世田谷は、優しい光の差し込むクリエイディブな空間でした。

そしてメールでやりとりしていた担当者さんが迎えてくださりました。
スランプにはまったままの私は「もし淡々と対応する方だったらどうしよう…」と不安な気持ちを募らせていたのですが、実際にお会いした担当者さんはすごくすごく優しい笑顔で、あたたかいminneのイメージそのままの方でした。

そして私の作品を見て
「写真で見ていたよりずっとかわいい」
と言っていただけて、心の底から安心しました。

私のハンドメイドブランドのイメージは
エスニックな物も好きだけど、奇抜な色やデザインはちょっと違う…
そんな”かわいい”が好きな女性に向けて展開したかったので、そのイメージを伝えたところ沢山の撮影の為のアイテムを出してくださいました。

撮影の練習をしながら教わった事は以下の様な事でした。

・色の混ざったにごりのある色味の作品は反射の少ない素材の背景を置くと作品が綺麗に映りやすい。
(例:ベニヤ板に白などの塗料を塗ったものなど)

・無機質な印象の背景にしたい場合は紙などを使うといい。

・自然光が強くなりすぎない様にレースカーテン等で調節する。

・レフ版(代わりになるものでも可)は置くようにする。

・背景にベニヤ板を使う場合、シナベニヤという種類が塗料を塗っても木目が綺麗に出やすい。

また、5mm以上の厚みがあるものを選ぶと塗料を塗っても板が沿って変形の心配が少ない。

アトリエの設備の写真は私が撮り忘れてしまった為ありませんが、代わりに自宅で真似して作った私の撮影スペースをのせておきますね(^ ^)

簡単なフォトブース

インスタント フォトブース

そして、アトリエの設備をお借りして撮影した写真がこちらです。
作品の特徴の水彩の感じが伝わりやすく、色が優しく映せるようになりました!
これ、iPhoneの既存のカメラアプリで撮影しただけでフィルターもかけてません。
太陽の光すごい…(笑)

minneのアトリエで撮影

minneのアトリエ撮影

この様に撮った写真はそのままギャラリーに使う事ができます!
私は遠方の為すべての商品を持って行くことができず、写真が撮れなかったので泣く泣く諦めました(;_;)

また撮影の練習後、インスタの運営のコツや秋冬の活動をどうして行くべきかなどを相談すると…

インスタの運営について

・作品の写真はminneのギャラリーで見ることができる。お客様はギャラリーにはない、そのブランドをイメージしやすい写真などを見たがっていることを意識して写真をポストするといい。

・世界観を統一しつつ、風景や雑貨の置き画などもアップしていくと良い。

・インスタは特に、トップページに統一感があり素敵な演出がされている人ほどフォローされやすい。

・フォロワーは多ければいいという訳ではなく、人数は少なくても作品に興味を持ってくれている人にしっかりフォローされていれば大丈夫。

秋冬の活動について

今の私の売り上げでは新しい模様でスマホケース等を何種類も発注するのは厳しいので、
どう展開するべきか悩んでいることを相談しました。すると…

作家さんの中には高い販売目標を決め「絶対に売る!」と決意して発注している方もいらっしゃる
ということなどを教えて下さいました。
発注時の金額を抑えるならメッセージカードやタグカードなどの紙にプリントする作品を展開をしていく
方法もあるから、心配ならそういった物を作ってみてはどうか。というアドバイスでした。

ただ、この件は私が後に予定が控えていて慌てて相談していたので詳しいご意見は聞けませんでした。
余裕のある時に相談すればきっと、もっと具体的なアドバイスをいただけたと思うので、機会があればまたアトリエにお邪魔したいと思います。

教わった内容以外にminneのアトリエで感じた印象

教えていただいた内容以外にもminneのアトリエという空間についての感想もお伝えしたいと思います。

第1印象は「場所、分かりづらい…」でした(笑)
minneのアトリエさん、沢山お世話になっているのにこんな第1印象でごめんなさい!

私はGoogleマップで検索して行ったのですが、そのルートに従って行くとたどり着けませんでした。
地図上では小学校の敷地内になっていて「?????」と、なって見当違いな場所を何回も行き来するはめになりました。
(私が方向音痴なだけかもしれませんが・・・)

minneのアトリエはIID世田谷ものづくり学校の中にあります。
IID世田谷ものづくり学校の入り口は、池尻小学校の校庭の隣にあります!これを知らずに行くと、私の様に迷子になりますのでご注意ください(^◇^;)

minneのアトリエ アクセス

また、IID世田谷ものづくり学校のサイトに詳しいルートが案内されています。
https://setagaya-school.net/aboutiid/access

こちらのページにも

三軒茶屋方面からお越しの方は、国道246線沿いを渋谷方面へ直進し三宿交差点で右折、交番で左折、そのまま直進するとIIDの正門があります。
そちらからお入りください。
渋谷、池尻大橋方面からお越しの方は国道246線沿いを三軒茶屋方面へ直進、同じように三宿交差点をまがり交番で左折し正門からおはいりください。

と記載があります。この通りに行くと迷子になりにくいかもしれません^^

またminneのアトリエの公式ホームページにも地図が掲載されています。
https://minne.com/minne-atelier

ぜひ上記のページにもアクセスして確認してみて下さい。

でも世田谷公園の周りには素敵なお店が並ぶ通りもあるので、あえて迷子になってみるのも面白いかもしれません♪

そしてついにminneのアトリエに到着!

憧れの場所に一歩踏み込むと
大きな窓からは優しい光がたっぶりとふりそそぎ、
音の響きが静かに張りつめ、凛とした気持ちにしてくれます。

ふと、右側を見るとシンボルとも言える「minneのアトリエ」とチョークで書かれた黒板。
ハンドメイド大賞の受賞作品などなどのハイクオリティな作品の数々!

スランプにハマり、落ちまくっていたモチベーションを急上昇させるには充分すぎる空間です。

そして担当者さんがとても頼りになる!
知識も豊富で、写真の撮り方1つとっても沢山の提案をしてくれます。

毎日沢山の作家さんが学びに来る場なので、作家の気持ちを本当に良く分かってくださっていると感じました。
言葉にするのがとても難しいのですが、同じことを別の人に言われると落ち込んだり、考え混んでしまいそうな事も、担当者さんに言われると素直に受け止められる様に思いました。

きっと沢山の作家さんを見てこられている方だからこそ安心して言葉を聞けたんだと思います。
minneのアトリエの1番の魅力ってこの担当者さん達のお人柄なんじゃないかな。私はと思っています。

その後もメールで相談に乗ってくれる

後に用事が控えていて、帰りはちょっとバタバタしてしまったのですが、最後に「今後もメールでよければ相談にのるので、経過報告などを送って下さい。」と言っていただけたのも嬉しかったです。

そして現在も商品写真を撮りなおしてはアドバイスをもらっています。
ギャラリーの写真をしっかり見て細かい点までアドバイスしてくださり、それに従って撮り直すとより綺麗な写真に仕上がります。

自力ではまだまだ担当者さんに合格点貰える写真は撮れませんが、すごく綺麗と褒めていただける写真も増えてきて、写真へのスランプも抜ける事ができました。

まとめ

minne のアトリエは、今回のように予約が込み合っている時期だと、予約から当日までに時間がかかることもあります。

またアトリエは東京・神戸・福岡の3か所のため、お住まいが遠く行きづらいという方や子育て中や働きながら作家活動をしている方にはなかなかアトリエに行く機会を作るのが難しいかもしれません。

でも無料でここまで親身に相談にのってもらえ、さらに作品を持っていけばアトリエで担当者さんと一緒にギャラリーに掲載する用の写真を撮ることができます。
アトリエの撮影設備も使い放題です(笑)

そして経験値が豊富なアトリエの方達がギャラリーが良くなるまで優しく根気よく付き合ってくれます!
こんな魅力的な場所を使わないのは、もったいないですよね(^^)

ネットを開けば沢山の情報が転がり、本屋にいけばハンドメイド関連やネット販売のノウハウ本がゴロゴロあります。
その広大な情報の海から自分に必要なものを選び出すのはとても困難です。

それぞれの作品にあったアドバイスを求めてminneのアトリエを訪ねてみてはいかがでしょうか。

Read More