Please assign a menu to the primary menu location under menu
編集部おすすめ記事作家向けお役立ち情報

憧れのハンドメイド作家デビュー!初心者さんが販売するための準備3つと注意点

ハンドメイドが大好きで、オリジナルの作品がたくさん仕上がってくると「販売してみようかな?」と考える人が多いようですね。
この機会に「ハンドメイド作家」としてデビューし、あなたの作品を販売してみませんか?
今回は、ハンドメイド作品を販売したいと思う初心者さんに向けて、押えておきたいポイントや注意点を簡単にまとめました。

 

準備1 素敵な作家名を考えて紹介しよう

憧れのハンドメイド作家としてのデビューを決心したら、まず素敵な作家名を考えましょう。
これからハンドメイド作家として活動を始める上で必要なことは何か、初心者さんにもわかるよう順にまとめたので参考になさって下さいね。

 

①素敵な作家名を決める

初心者さんがハンドメイド作品を販売するには、まず作者の名前にあたる「作家名」、もしくはお店の名前にあたる「屋号」を決める必要があります。
オリジナル作品のブランド名として世に出回るため、素敵な名前を考えましょう。
読み方が難しい名前には振り仮名を付けるなどして、お客様にもわかりやすく伝えて下さいね。

 

②インターネットで紹介する

素敵な作家名が決まったら、いよいよ作品の紹介です。
ハンドメイド作品のイメージは画像で決まると言っても過言ではありません。
明るい場所で商品をきれいに撮影したら、インスタグラムやtwitterなどのツールで楽しく紹介してみましょう。
フォトショップなどの画像ソフトを使用できる人は、さらに個性あふれる画像で紹介できますね。
その際に、作家名を画像に記載しておくと盗用などの心配が少なくなります。

 

準備2 初心者さんにおすすめの販売方法はこちら

出典:http://ekodajima.com/em016_mitsuboshi/

作家名が決まり、素敵な画像も撮れたら次は具体的な販売方法を考えてみましょう。
初心者さんにおすすめの販売方法は下記の通りです。

 

①委託販売(実店舗、インターネット)

初心者さんが一番手軽に始められる方法です。
レンタルボックスや雑貨店、カフェなどの実店舗の他、クリーマやミンネなどのハンドメイド作品を販売できるサイトがあります。
委託販売の場合は、売れた分の何割かを委託先に支払う「委託料」が発生します。
たくさんの人の目に触れるため、1人で宣伝するより何倍もの効果があります。

 

②イベント出展

イベント出店は、初心者さんにとって勇気が要りますね。
初めは友人と一緒に出たり、他の作家さんのブースに置かせてもらったりしながら少しずつ現場に慣れていきましょう。
イベントはお客様の生の反応を見られる上、直接話ができる点でもオススメです。
あらかじめ主催者に出展料を払う必要がありますが、個人のブースで売れた分は自分の収入になります。

 

③自分のブログやHPなど

このように個人のブログやHPなどで販売する方法もあります。
ただし、インターネット上で販売するには「特定商取引法」に従って自分の本名や住所、電話番号などを明記する義務があることを覚えておきましょう。
商用利用ができないブログもあるので、販売の初心者さんは調べてみて下さいね。
また、顔が見えない取引のため、個人情報の管理などの面でも信用できるショップであることをアピールする必要があります。

 

④知人などに直接販売

家族や友人、知人への販売は、直接受け渡しができるため初心者さんにも可能です。今後口コミで広まる場合もあるので、ぜひ繋がりを大切にしておきましょう。

 

準備3 販売には値札や名刺なども用意

出典: https://vmmvblog.wordpress.com/2013/03/04/diy-calling-cards-making-business-personal/

ハンドメイド作品を販売するためには、値札やタグ、名刺も必須アイテムです。
素材は紙だけでなく布や木、皮などを使う作家さんもおり、個性的なものを見かけます。
業者さんに頼むことも可能ですが、ぜひ初心者さんは自分でお気に入りを作ってみて下さいね。
また、商品をお渡しする際のラッピング資材も用意しておきましょう。商品の大きさに合わせ、業務用のおしゃれなビニール袋や紙袋、シールやリボンなどを揃えておくと安心です。
アクセサリーなどの壊れ物は、封入後にプチプチなどの梱包材で巻く配慮も必要です。通販で送る場合は特に気をつけて梱包して下さいね。

 

初心者さんの作品販売で注意すること2つ

出典:https://www.creema.jp/item/3712758/detail

 

最後に、初心者さんがハンドメイド作品を販売する際の注意点を2つご紹介します。

 

①著作権や商標権に留意する

有名メーカーやブランドの素材の場合、ライセンスがなければ販売用に使えないものが多いので確認しておきましょう。
ただし、「〇〇を使用した商品」と明記すれば使える素材もあります。
また、商標権や著作権に触れるため、キャラクター柄やデザイナー名、市販のお菓子などの名前が記載されているものも販売用に使えせん。
同様に、他社の商品やキャラクターを自分の商品名に使用することも禁止されています。
他の人が作った型紙やレシピも、そのまま使用できないので注意しましょう。

 

②価格の設定は周りを見ながら

ハンドメイド作品の価格設定は難しいものですが、極端に高かったり安かったりするとお客様が躊躇してしまいます。
初心者さんはハンドメイドの販売サイトなどを参考にし、商品の相場を見ながら決めることをおすすめします。

 

初心者さんもぜひハンドメイド作品の販売を!

今回は、ハンドメイド作品を販売する初心者さんに向けて、ポイントを簡単に説明しました。
初心者さんは、まず「楽しむ」「ハンドメイドが大好き」という気持ちを大切にし、少しずつ経験を積んでいくことをおすすめします。
今後のハンドメイド作家生活が、充実したものになるよう応援しています!

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)