Please assign a menu to the primary menu location under menu
クッション展
編集部おすすめ記事2018年 3月 ハンドメイドイベント

伝統について考えよう。琉球絣、久留米絣のクッション展示会(東京都中央区)

「うなぎの寝床」という名前のお店をご存知ですか?
福岡県八女市に本店を構える、九州のものづくりを伝えるアンテナショップです。

独自のコンセプトを持って丁寧なハンドメイドを紹介している「うなぎの寝床」が、東京にある新川分室で沖縄と福岡の織物の展示を行います。

 

うなぎの寝床について(ホームページより引用)

2012年の7月にオープンしました。地域文化を体現したようなものづくりを紹介するお店です。単純に「もの」を仕入れて売るということではなく、人や、技術や、素材や、その地域から生まれた何かを体現したものが「もの」であると考えています。それをまとまってみれる場所が、ある一定領域の地域にあればいいなと考えていて、そのコンセプトモデルとなるアンテナショップになります。(後略)

 

うなぎの寝床

出典:http://unagino-nedoko.net/terasakitei/

 

 

 

クッションの形で見る絣

今回紹介される作家は沖縄県に琉球絣の工房を構える大城拓也さん(ぬぬ工房)、大城幸司さん(丸正織物)、の大城美枝子さん(手織工房おおしろ)の3人。多くの伝統工芸がそうであるように、後継者問題に悩みながら現代の織の在り方について日々模索されています。
東京分室では、沖縄県の琉球絣と、うなぎの寝床の拠点である九州福岡県の久留米絣で制作されたクッションが展示・販売され、「伝統とは何か」を考えるトークショーも行なわれます。

東京で九州・沖縄地方の織物文化に触れられる滅多にない貴重なイベント。

普段はテキスタイルに興味がない方もこの機会にぜひ、うなぎの寝床 新川分室を訪れてみてください。

クッション展

出典: http://unagino-nedoko.net/nunusaaa-kikaku/

 

クッション展

出典: http://unagino-nedoko.net/terasakitei/

 

~琉球絣×久留米絣 100のクッション展 東京展~

【日時】
2018年3月15日(木) ~3月26日(月)11:30-18:00

【場所】
うなぎの寝床 東京新川分室(東京都中央区新川1-11-10明祥ビル2階)
・東京メトロ「茅場町駅」より徒歩5分
・JR京葉線「八丁堀駅」より徒歩6分

【公式サイト】
http://unagino-nedoko.net/nunusaaa-kikaku/

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)