Please assign a menu to the primary menu location under menu
カディ
2018年 5月 ハンドメイドイベント海外ハンドメイド

インドに伝わる手仕事の歴史。カディの美しさに触れる展示会(東京都港区)

ミニマムな生活様式と独特の文化が特徴的なインドのものづくり。
国産の綿を使った製品作りに力を入れ、「カディ(Khadi)」と呼ばれる綿布はその象徴としてインド各地で生産されています。
東京・六本木の21_21 DESIGN SIGHTギャラリー3で開かれるカディの展示会は、手紡ぎ・手織りによる美しいテキスタイルが見られるだけでなく、インドの経済・政治的な背景をも知ることができる貴重なイベントとなっています。
今回、この展示会ではインド・テキスタイルを含む幅広い文化復興活動を精力的に続けたマルタン・シン(Martand Singh、1947-2017)の功績を取り上げています。
会場では、彼の思想やそこから広がるインドでの人々活動の様子を取材映像を通して観る事ができます。

カディ

出典:http://www.2121designsight.jp/gallery3/khadi/index.html

 

有名ファッションデザイナー、イッセイ ミヤケはそんなシンの活動に共感し、1980年代から衣服づくりのコラボレーションを行ってきました。
日本のデザインとインドのクラフツマンシップを融合させたコンセプトブランドHaaTもその一環です。
会期中、21_21 DESIGN SHOPでHaaTのグッズが販売され、テキスタイルをはじめとしたインドの手仕事によるアイテムが並びます。
実際に手に取って、インド・テキスタイルの今を感じてみてください。

カディ イッセイミヤケ
HaaT BLOCK PRINT SHEETING BAG ©ISSEY MIYAKE INC.(Photo by Shin Inaba)

出典:https://www.axismag.jp/posts/2018/03/90347.html

 

 

~「 Khadi インドの明日をつむぐ – Homage to Martand Singh –」展~

 【日時】
2018年4月18日(水)~5月13日(日) 10:00〜19:00
※毎週火曜日休館(5月1日は開館)

【場所】
21_21 DESIGN SIGHTギャラリー3(東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン)
・都営大江戸線/東京メトロ日比谷線「六本木駅」直結
・東京メトロ千代田線「乃木坂駅」より徒歩3分
・東京メトロ南北線「六本木一丁目駅」より徒歩10分

【公式サイト】
http://www.2121designsight.jp/gallery3/khadi/index.html

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)