Please assign a menu to the primary menu location under menu
マキバドリ 陶土ブローチ

自宅のオーブンで陶芸気分が味わえる、オーブン陶土ってご存知ですか?
通常、陶芸には粘土や焼き釜の道具が必要で、教室に通わないと挑戦できない敷居の高いハンドメイドのイメージですよね。

ところが最近、低温度(180度以下)の焼成でも実用強度のある特殊な土が販売されるようになり、家庭用オーブンでも陶器の食器やアクセサリーが作れるようになったのです。

今回はそんな特殊な土、(株)ヤコの「オーブン陶土」をご紹介します。
※「オーブン陶土」は(株)ヤコの登録商標です。

オーブン陶土

出典:http://www.yako.co.jp/s-kousaku.html

 

 

オーブン陶土の種類は?

オーブン陶土にはいくつかの種類があります。
一番スタンダードなものは「工作用」。
そのまま焼くと黄色っぽい色に仕上がります。
土の色によってバリエーションがあり、赤茶色の「紅陶(べにとう)」、黒っぽい「黒木節」、新色の白い「Milk」の3種類があります。
その他、砕いて土に埋めるとバクテリアの分解によって土に還る「エコ」、ろくろがひける「ろくろ」と、全部で6種類の陶土が販売されています。

 

作り方はとても簡単で、①練らずに成形、②2~7日の乾燥、③オーブンでの焼成の3ステップで完成です。
ただし、160度~180度の温度設定のできる必ずオーブンが必要で、電子レンジやオーブントースターには対応していません。
オーブン機能付きの電子レンジは温度設定がきちんとできれば使用可能ですが、事前にご自宅の機器をきちんと調べてから作業を始めましょう。

 

 

どんな作品が作れるの?

通常の陶芸のようにオブジェや器を作ることができますが、おすすめはブローチなどの小さいアクセサリーです。
オーブン陶土は焼いた後にアクリル絵の具で着色が出来るので、磁器のような絵付けも簡単に行うことができます。

また、(株)ヤコからはオーブン陶土専用のコート剤「Yu~」が発売されており、これを塗ることで作品に防水・防油効果を与えることができます。
食品添加物等の安全基準に合格している商品なので、お皿やカップなどの食器を作って楽しめます。

 

最後に、ハンドメイド通販サイトminneで見つけたオーブン陶土作品をご紹介しますので、ご自身の手作りの参考にしてみてくださいね。

 

 

マキバドリさん作「絵本みたいな陶土のブローチ《エゾフクロウの兄弟》」

マキバドリ 陶土ブローチ

出典:https://minne.com/items/12016613

 

 

33rrさん作「ロバと子猫 陶土ブローチ」

33rr ロバと猫の陶土ブローチ

出典:https://minne.com/items/12161974

 

 

cyobitz-bbさん作「ミニチュアガーデン*きのこの森のおうち」

ミニチュアきのこブローチ オープン陶土

出典:https://minne.com/items/10598755

 

陶土の特徴が活かされた細かいペインティングが素敵な作品を集めました。
材料費が比較的安いので、リーズナブルなお値段が多いのも嬉しいです。

今まで手が届かないと思っていた陶芸の世界が、かなり身近なものになったのではないでしょうか?
自宅で作れる陶器、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)